タオルドライの正しい方法・ポイントと注意点

スポンサーリンク

こんにちは!

福岡市博多駅前の美容室

乾かしだけで髪がまとまるドライカットができる

ワッカム(ワットカムズアラウンド)です!

今回はお風呂上りのタオルドライ。
キレイでツヤツヤな髪を作るためには念入りなタオルドライがとっても重要です。

艶髪を作るためのタオルドライの正しい方法とポイント&注意点をまとめさせて頂きました。

最初は頭皮の水分から拭き取る

お風呂で髪の毛の水分を軽くしぼったら、頭皮の水分からタオルで拭き取りましょう。
一番最初は頭皮から。髪の毛は頭皮の次です。

タオルを頭にかぶせて手で優しく抑えて頭皮の水分を吸収します。

毛先の水分を優しくふき取る

頭皮の次に、毛先の水分を優しく引き取ります。
この時も、ゴシゴシ擦るのはNG!

髪の毛をタオルで挟み込み、水気がなくなるまで水分をタオルに吸収させます。
タオルで挟んだら、ポンポンと優しく叩くのはOKです。

髪の毛の中間から毛先にかけてタオルで優しく拭き取りましょう。

やっちゃいけない!タオルでゴシゴシはNG!

これはついついやりがち。

わかっていても、油断をしたり急いでいると注意していても忘れてしまいます。

頭皮をタオルでゴシゴシ擦るのはNG!
タオルで拭く時も、基本は揉むように拭くこと。

”擦る”という行為は、頭皮にも髪にをやらないようにしてください。

キューティクルを剥がしてダメージの原因につながります。

タオルターバンを有効に使おう!

お風呂からでたら、頭皮と毛先の水分をタオルで吸収。

すぐにドライヤーを当てずに頭をタオルで包みましょう。
タオルターバンをしてあげると、タオルがさらに水分を吸収してドライヤーの時間を早めてくれます。

お風呂上りの化粧水や乳液は、タオルターバン中に行い、お肌のメンテナンスが終わったらドライヤーで乾かすのがオススメです。

タオルドライがあまいとドライヤーの時間がかかる

タオルでの水分吸収があまいとドライヤーの時間がかかります。
髪の量が多くてロングならなおさら。

ドライヤーの時間がかかると、オーバードライで乾かしすぎに。

結果として髪を傷めてしまうので、ドライヤーの時間を短くするためにもタオルで水分をしっかりと吸収しましょう。

ご予約方法

ネットからのご予約はこちらから☚
0924519128

ご質問等は

コンタクトフォーム

またはLINEからもお気軽にお問い合わせください。

Follow Me