もうニューヨークドライカットでしか切りたくない!体験談

スポンサーリンク

こんにちは!スタッフの菅野です。
私は美容師でありますが、ニューヨークドライカットの施術サービスはしておりません。
なぜかというと…性格的に向いていないからですね。笑

とにかくとても手間がかかるカット技術なので、施術する側ではなくて施術される側の方が大好きなのです。すみません。
ちなみに、一般的な“ドライカット”とよばれているものと、この“NYドライカット”は全く別物ですのであしからず……

もうニューヨークドライカットでしか切りたくない!体験談

 

さて、そんな私はニューヨークドライカットに興味がある方には良いお話が出来るかと思います!
美容師側の目線とお客様側の視点で、ニューヨークドライカットの良いところ、ちょっと気になるところをご紹介したいと思います!
ニューヨークドライカットを体験してしまうと……もう他のカットでは満足出来なくなりますよ!

ーーーーーー3年前の大阪の講習会でのこと。
まだニューヨークドライカットを始めたばかりの美容師さんたちの講習会にモデルとして参加したことがきっかけです。
驚くことに、朝9時頃から切り始めて、髪を切り終わったのは12時間後の夜でした。
NYドライカットを初めて施術する美容師の中には一日かけても切り終われない方もいるそうです。
だってすごい細かい作業です…一本一本切るってどういうことかがわかります…並大抵のことではありません。

それだけ手間がかかるカット。職人美容師は月日をかけ努力、練習、勉強してなんとか1時間半~2時間まで短縮するのです。実際その講習では、ずっと座り続けるモデルさんたちも大変ですが、切っている美容師さんたちの真剣さがすごすぎて、こちらもなんとかこの時間で、そしてこの髪が美容師さんのために、身になってほしいと思わずにはいられないほどでした。12時間もその集中力を切らさず、より良いへアスタイルを作るという姿勢や思いが伝わってきて、同じ美容師として衝撃を受けたのを覚えています。
切り方も全く見たことがない技法。あらゆる人種の髪質やクセやあらゆる悩みを解決するための、感じたことのないものすごく細かい丁寧なカット技術。
一人の為に、髪の為に、なんて時間をかけて、なんて細かくこだわったカットなんだろうと思いました。

 

驚くほど軽く、髪がキレイに。くせも生きる。

 

さて、終わってから(切っている途中でもうわかるのですが)自分の髪の軽さ、柔らかさに驚きます。
日本人はどんな髪質の人でも欧米に比べると硬いのですきバサミですくことで毛先をなじませたり、毛量調節しますが、NYドライカットは一切髪をすきません・削ぎません。なのに軽い。しかもカットだけで髪が潤うように綺麗になりました!
※私の髪質ははややストレートの硬毛、ボリュームは出にくい髪質。ぴんぴんはねやすい。のだけど…
一本一本丁寧にカットし、ひとつひとつの毛が重なりでフォルムができて、軽く柔らかく扱いやすく、ドライヤーを当てるだけできまりやすい自分だけのヘアスタイルになります。
ブローする、乾かすだけでボリュームが上にくる!そして憧れだった、外人のような無造作で自然なウェーブが出るようになりました。
パーマをかけなくても、自分のくせを生かして程よい動きが出たこと、そしてボリューム、ツヤ、まとまり。軽さ。同じ美容師からも私の髪は難しい、スタイルがなかなかうまく決まらないと言われていましたが、
ニューヨークドライカットにしてからは自分の自然な毛流れがわかり、自信を持って自分の髪が好きになることにもびっくりです。
スタイリングも簡単に自分で再現できるようになります。

無駄な毛がないから、カットをしばらくしないで済む

もうひとつのポイントは、しょっちゅう髪を切らなくてよくなります。伸びてもかっこいいからです。つまりスタイルの持ちがいいということです。丁寧に切られた髪はそのまま伸びていきますので、まとまるし広がらないので気にならないようになります。ショートでも3か月~の方や、長くて半年~1年周期でご来店される方もいらっしゃるほど。個人差はありますが通常のカットと比べてもその差は歴然です。違いが分かるようになります。
早くて10日~2週間もすればスタイルが崩れた、まとまらない、と感じる方が驚くほど多いのは、カットがそれなりだからです。根元から削がれたりしていたら短い毛ができますよね、それが伸びて邪魔をして、膨らんで広がって、時にはぺたんこになる、というふうに、カットによって又は美容師の腕によってスタイルが崩れたり持ちが悪いとなるのだと思います。
ニューヨークドライカットは、伸びても綺麗に収まり、広がらないし、重さも気にならないのです。
それは時間をかけ、細かく髪質やクセを見極め、丁寧に髪の毛ひとつひとつカットすることで、積み重なりがスタイルを作るからです。

あらゆる髪の悩みを解決へ導く!
多くの方が自分の髪や頭皮に悩みやコンプレックスがあります。

  • ぺたっとする猫っ毛
  • 硬くて重い髪。ボリュームがでない。
  • 毛先や横だけハネたりする
  • まとまらずひろがりやすい毛
  • くせが強い
  • 痛んでいる髪、細毛、薄毛
  • 量が多い!

などなど、髪質や毛流れは個人個人違うものです。

削がずにいることで痛むような毛もありません。
余計な髪の毛がない分、髪の毛がのびのび、生き生きするような感じです。
出来なかった事もできるようになるのは本当に感動的でした。
今までのカットと違って、ボリュームや動きの出方が変わるはずです
思いのままにスタイリングできる感動は、後にも先にもこのニューヨークドライカットだけでした。
丁寧に時間をかけて切ってもらったことがない方、本当に細やかな職人技に感動しますよ。
そういった技術がスタイルを長く持続させてくれるんですね。

日本人の90パーセント以上が何らかの毛のくせがあります。真っ直ぐなストレート!っていう方は中々いらっしゃらないということです。
私のように、自分はストレートだと思ってたけど、実は微妙なくせが隠れていたり、
カット技術で誤魔化されていたりするわけなので、いざニューヨークドライカットをしてみたら、自然な良い流れが出てくる、ということもあるかと思います。

また癖がひどすぎて、どうにもならない…とか、ストレートとか縮毛矯正をしないと無理、とお考えの方は是非ニューヨークドライカットを試してみる価値がありますよ。ニューヨークは人種のるつぼであり、様々な人種、様々な髪質、多様なクセ、様々な特徴をもったくせ毛を見てきた方たちが作り上げた、くせ毛も髪質も問わないヘアカット技法になります。
多種多様なくせ毛もニューヨークドライカットなら、驚くほどの変化があり、そしてくせ毛をいかし、自分自身の髪が好きになれるような、自信を持って輝けること間違いなしです。

まとめ

デメリット

  1. 通常のカットより時間がかかる
  2. プライスがやや高め
  3. 施術者が少ないため施術している場所を探すのが大変?

メリット 

  1. 頻繁にカットしなくても気にならないし、崩れない! 半年〜1年の周期で来店される方も☆
  2. 自分の髪が好きになる
  3. 自信が持てる!
  4. ストレートや縮毛矯正などしなくて良くなる。
  5. ありのままで綺麗になれる。
  6. 一切そがないし梳かないのだから、ツヤを失うことなく髪を綺麗に保てる。
  7. しかもまとまりやすい
  8. 本来のくせ毛を自然な流れ、動きに変えれる
  9. 高技術、高価値を提供するという意識や志を高く持ち努力しているスタイリストの職人技(本気)が見れる。
  10. 切るたびに髪が生まれ変われる。変化し進化できる。
  11. カットにこだわっているところは薬剤やシャンプー、カラーなどにもこだわるため、人や環境、みんなに優しいサロンであり、自ずと頭皮にも髪にも細胞にも心にも、優しいものを使用し、改善してくれる。
  12. 髪が軽い。動きの躍動感、毛流れ、すべての違いが実感できる。
  13. NY生まれのドライカットだからもちろん、どんな髪質の人にも合う!!
  14. トレンドは抑えつつもオーダーメイドで自分にあったスタイルを、流行りに流されない自分の髪を活かしたスタイルになれる。
  15. 口コミで広がっているので紹介率が高く、大切な人を紹介しやすい

さて、いかがでしたでしょうか。長くなりました最後に。
柔らかい質感に憧れていた私には本当に素晴らしいカットと巡り会えたと思っていますし、この技術をより良くするために技術を一層磨いているヘアスタイリストさんたちの情熱や努力の結晶が、こうして本当に求められているヘアスタイルの形に繋がっていくのだと、感銘を受けています。
高価値が求められている昨今、双方にとっての本当に良い価値がお互いに享受されるこのニューヨークドライカット。

技術者の数はまだまだ少ないですが、WHAT COMES AROUND…では大阪、NY,東京、福岡と研究会、講習会、勉強会に参加し日夜努力をしています。
あなたの髪を真剣に考えて、そしてお悩みやコンプレックスを少しでも解決できるお手伝いができると良いなと思います。
美容師でも、髪の毛には悩みがありますからね、気軽に相談してくださいね。

WHAT COMES AROUND…では初めての方でも緊張せずにご来店頂けます。

小さなサロンなので人目を気にせず…☆そして自分へのご褒美だと思って、寛ぎにいらっしゃってください!
長くなりましたが、
ここまでありがとうございました!

次回はお客様の声(リアル!実録)をご紹介致します。

スガノ

NYDC

初めての方へ

スポンサーリンク