ヘアカラーの使用はがんリスクと関連するのか

スポンサーリンク

おはようございます!

福岡市博多駅前の美容室

乾かすだけで髪がまとまるドライカットができる

ワッカム(ワットカムズアラウンド)です!

https://diamond.jp/articles/-/249628?display=b

こちらの記事でヘアカラーとがんリスクの因果関係についての研究結果が記されています。

簡単に内容を説明すると

・以前からヘアカラーは血液がんと乳がんの関連が示されていた

・最新の研究ではヘアカラーによるがんリスクの大幅な上昇は認められない

・まだ研究途中のデータ

※記事中のパーマネントヘアカラーとは美容室での一般的なヘアカラーと同じ意味

ヘアカラーについては研究が進み今までわかっていなかった様々なことについて明らかにされようとしています。

例えば最新の研究だとヘアカラーが白髪の原因になるなど今までの概念を覆すような結果が出ようとしています。(詳しいことが分かり次第またお伝えします)

この記事でも「今のところヘアカラーとがんリスクでは因果関係はないよ!でもこの先はわからないよ」と言っているようなものです。しかし、上記した白髪が増える原因になることがわかったということは白髪を増やさない方法がわかったということになります。

ここまで一般的に根付いたヘアカラーを今から廃止しようとしても無理です。大事なのはリスクを減らす方法です。

安心してヘアカラーを受けてもらえるようにこれからも情報の共有と改善を進めていきます!

ご予約方法

ネットからのご予約はこちらから☚
0924519128

ご質問等は

コンタクトフォーム

またはLINEからもお気軽にお問い合わせください。

Follow Me